ハイヤーという仕事を志望される方へ

現在「ハイヤー運転手」になろうと考えている方は
ネットなどで情報収集しつつ、この仕事が自分に務まるかどうか、頭を悩ませておられるのかもしれません。

どの職種もそうですが、会社選びは重要ですよね。ですから、ハイヤー運転手になろうと腹が決まりましたら、まずはどのような会社があるのかをよく調べていただきたいと思います。

求人状況

ハイヤー業界は他の業種と違って実に狭いところ。黒塗りの車を使用して仕事をする場所も結構限られています。ですからハイヤー業務を専門とする会社はほとんどなく、タクシー会社がハイヤー業務を併用しておこなっています。

ハイヤーとタクシーの違いについては以下の記事を参照してください。
ハイヤーとタクシーの違い

そして、大手ハイヤー会社といえば、東京四社と言われる日本交通、国際自動車、帝都交通、大和交通の四社。

これらの会社では、毎月10名以上の、いわゆる「新人さん」が入社してきます。
求人広告や派遣会社を通して一般応募してくるケースがほとんどです。

一方、中小の会社になりますと、東京都内には私が調べただけでも約30社ほどありますが、認知度がぐっと低くなるため、良い人材を一般から連れてくることが難しく、勤務者の縁故や紹介、業界経験者が入社してくるケースがほとんどです。従って、慢性的な人材不足になっています。

業界未経験者の積極採用の傾向

最近の傾向としては、大手はその人的資源の豊富さから業界未経験者を積極的に採用し
新人教育に力を入れて企業文化の改善と5年後10年後を見据えた基盤づくりをし
中小は人材不足から教育に力をそそげないかわりに即戦力として業界経験者を好んで採用しています。また、大手から移籍してくる人も結構います。

ハイヤーという仕事の第一印象

初めてこの業界を覗く人にとって見ると
そこそこ給料はいただけるようにみえますが
拘束される時間が長いということと
マインドの部分で特に責任感の強い人は
自分が高級車に乗り、社会的地位のある方々を乗せて走ることができるのか

もし、何かあったら・・・

などと、いらんことをあれこれ考えて
応募に躊躇しているのではないでしょうか。

車の運転の仕事ならば
何もハイヤーじゃなくたってタクシーでもいいかな
トラックだってあるし・・・と

ハイヤーは選択肢から外れていきますよね。
確かに、現在ハイヤー乗務員として働いている人をみると
自分を試してみたいといった向上心ある上昇志向の人
あるいは高級車に乗れるために、ステイタスにこだわる人
だったりします。

でも、
黒塗りの車に白手袋
傍で見ているとかっこいいなあ
そんな、ちょっとした憧れをいだいてしまう
少年のように純粋な人もいるんです。

それから、
営業経験の豊富な人やホテルマンも結構多いです。
接客においてはプロですから
運転技術と地理の知識さえマスターすれば
早く仕事を自分のものにできるという計算があって
転職してくるのでしょうね。

若い人がなかなか定着しない

拘束時間が長いというのは
特に若い人たちがハイヤーを志望しない
大きな原因の一つになっているのは事実です。

そもそも稼ぎたいと思って入社しても
頑張れば頑張るだけ、さらに時間を拘束されていくのですから
いったい自分は何のために働いているのか?
と言った心の葛藤が徐々に膨らんでいく場合は
数年勤務して辞めてしまいます。

それから
お酒が好きな人
飲んじゃいけないわけではありませんが
点呼時、終業時にアルコールチェックがあり
これにひっかかるとアウトです。

仕事ができなくなるどころか、一発解雇となる場合もあります。
休みの日に友人たちと一杯やりたい
あるいは付き合いで深酒をした

こうなると
ある一定の時間をおかなければ
体からあるアルコールが抜けないために
飲酒の習慣がある人は気が気じゃありません。

そもそも
ストレスを解消するために
くつろいでお酒をたしなむわけです。

ですから
休みが中一日では腰を落ち着けて飲めませんよね。
ですから、特に活動的な人は
ハイヤーの仕事に応募することを躊躇するわけです。
さらにもう一つの関門があります。

家族の理解が得られるか

独身者であればほとんど問題にならないことですが
家族持ちは、その家族、
特に奥さんからの理解を得られるのかという問題があります。

勤務時間が不規則なだけでなく
朝が早く、時には会社に泊まりこみ
帰る日は深夜におよぶことも多いため
家族の顔を見ることができなくなります。

小さなお子様がいる場合は
奥様にかなり負担をかけてしまいます。
共働きの場合はなおさらですよね。
このあたりをよく話合って理解をしていただかないと
勤まらない仕事なのです。

だいたい40代の転職希望者が多いので
お子様の成長を考えると、個人差はあるとはいえ
これから教育費などでお金が出ていく時と重なる関係もあり
よく考えなければならないことです。

実際仕事を始めて収入はどうか

ほとんどの会社が、試用期間中、
給与保証を30万円前後に設定していますね。
ですから安心して仕事に打ち込めると思いますが

知っての通り、そこから税金や年金、社会保険を控除されますから
手元に残るものが意外に期待以下の場合だったりしますので要注意です。

それに試用期間中にしっかりと仕事を覚え、自信をつけていかないと
本採用後の仕事に影響が出ます。

というのも、
仕事量は配車デスクの裁量となるので、
デスクが不安を感じてしまうと良い仕事をつけてくれないからです。

それから、
早出、残業を積極的にこなしていくことが報酬アップの条件となるため
より稼ごうと考えている方なら、躊躇しないで、
どんどんと仕事を受けて下さい。

どんな仕事もそつなくこなすためにも
最初の3か月がより重要な期間となることでしょう。
そこを何とかクリアできれば自分のペースができてきますので
いよいよ充実した「ハイヤーライフ」になっていくでしょう。

そこまでが辛抱どころですね。




にほんブログ村 その他日記ブログ 運転手・ドライバー日記へ
にほんブログ村