ハイヤーマンには特別ボーナスがある

特別ボーナスのうまみ

ハイヤーには特別なボーナスがあります。
すなわち、「チップ」のこと。

「チップ」といいますと、日本では馴染みの薄いものです。
日本人は自分に対するサービスやおもてなしに対して、
それを施してくれた人に「現金」でお礼をするということをあまり好みません。

「自分はそんなつもりであなたにサービスしたんじゃありません」

などと、仕事に対するプライドを強く持つ人が、侮辱されたと思ってチップを受け取らない、

そんな映画やドラマのシーンを時折目にしますが、
実際には「おひねり」などの言葉あるようにチップのやりとりはあるのです。そして、それを内心期待しています。

ハイヤードライバーは、このチップを当てにして仕事をしてはいませんが、
行けば必ずチップをくださる上客があるものです。
そのような情報は同僚のドライバーたちの間で暗黙のうちに知れ渡っていたりします。

仕事が終わって営業所に戻ると

先輩乗務員が歩み寄ってきて

「おい、今日は出たか?」
などと、問い詰められたりして…。

チップの額は

さて、このチップですが、
月に30万円以上にもなることがあります。

よっぽどの上客の担当としてついた場合なんですが、
ドライバーを待たせると、「ご苦労さん!」と言いながら財布から数千円取り出す。
会食があるときは、これで食事でもしててね」と
これまたチップ

正月、お盆、お中元、お歳暮、などなど、まるで自分の家族のように可愛がってくれる人が
いらっしゃるのです。

このような特別ボーナスはドライバーから手を出して請求はできませんが
「運」の良いドライバーは大きな恩恵を受けるのであります。


カテゴリー:  ■暴露
東京ハイヤーマン

東京ハイヤーマン について

東京出身。大学を出た後、教育関係の仕事に就く。その後いくつかの業種(新聞社、病院検査会社、不動産、リフォーム建築)を経験。2008年、ハイヤー会社に転職し現在に至る。 既婚 妻子有

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。