芸術的なおもてなしを!

「おい、おい、なんだよ、それ」

会食のお客様を待っていた時のことでした。
自分の前にハザードをたいてバックで駐車してきた新型フーガ
がっしりとした車体はとても見栄えがいいなあ、などと見ていたら、
中からひょろっと背の高いドライバーが出てきました。

何やらあたりをキョロキョロ見回して
どことなく落ち着きがありません。

トランクから毛はたきを取り出し、神経質そうな手つきで車の埃をおとし始めました。
口をもごもごさせています。どうやらガムを噛んでいるようでした。

所作からすると新人ではなさそうなのですが、
見ていて目を覆いたくなるような落着きないしぐさに無性に腹がたってきました。

車の後ろに会社のロゴが入っていたので、当然ながらハイヤーの車です。
彼は一旦車の中に入ったのですが、ブレーキランプが点滅して、

「おっ、移動するのかな?」
と思ったら、再び外に出てきて、今度は隣のビルの入り口付近の方を注視し始めます。

「なるほど、お客様が出てこられるのだな」

すぐに女性が現れて車の方に向かってきます。
背高の彼は媚びを売るように、番頭さんがよく手もみしながら
「へい、いらっしゃいまし!」といっているような、そんな仕草をみせるので
私は思わず
「なってねーなあ」
と心の中でそうつぶやいたのです。

何だよ かっこ悪いなあ~
ハイヤー運転手の風上にも置けない奴だ

一部始終を動画に収めて
自分のみっともない姿を一度見てほしいものだ
次々と私の心にバッシングの言葉が浮かんでは消えていきました。

まあ、何もそこまで言わなくてもいいんじゃないかと思われるでしょうが
あのような人を放置しておくと
ハイヤー運転手はみんなあのようなレベルなんだと、
びしっとやっている人まで一括りに評価されてしまうので
きちんとした仕事をしている人にとってはいい迷惑になるんです。

サービスをするのなら、自己満足に終わらず
すべての所作が絵になるような
芸術的サービスを目指してほしい

何事も極めていこうとする人たちに共通して言えるところだと思います。
都会の斬新なデザインを施したビルに囲まれた場所で
ワックスの効いた黒塗りの高級車に乗って颯爽とお客様を迎えるのですから
もっと絵になるような所作でサービスをするべきでしょ。
お客様はそれを内心喜ぶのです。

対価以上のおもてなしをすることで、お客様の満足を勝ち取る醍醐味を
あの男はまだ知らないと見えます。

直接彼に忠告できないのは残念ですが、
ブログに記録として残しておけば、どこかで
巡り巡って彼のもとに情報が届けられるかもしれない・・・
そんな淡い期待をもっています。。

そこの新型フーガのあなた、
手もみしてぺこぺこして見っともないないでしょ!

いっそのこと、もう一度研修やりなおしたら?


カテゴリー:  ■本音
東京ハイヤーマン

東京ハイヤーマン について

東京出身。大学を出た後、教育関係の仕事に就く。その後いくつかの業種(新聞社、病院検査会社、不動産、リフォーム建築)を経験。2008年、ハイヤー会社に転職し現在に至る。 既婚 妻子有