やられました!まんまと掛かったネズミ捕り、移動式オービスの罠

警察から届いた通知

ようやく傷が癒えたのでお伝えしようと思います。

ゴールデンウイーク明けの話、コロナの影響も重なり、数日これといった稼働がないことから、控え室でのんびりとしていると、突然携帯の着信音が鳴り響きました。

普段、配車連絡はほとんどメールでやり取り連りしてますので、急な配車でも入ったのかなと電話に出てみると

電話ですいません。警察署から通知が来ているんですけど・・・

私の出方を伺うように静かな、押し殺した声で秘書が訪ねてきました。

はあ??

唐突な要件をすぐに飲み込めず、生返事で答えると、

どうも速度超過で取り締まりの対象になったようなんですけど・・・

ようやく相手の言ってる意味がわかったと同時に、即座に頭の中の記憶をたどって見たのですが、速度超過するほどの運転をした記憶がないので返事に窮していると、さらに秘書は続けて

5月1日の土曜日って、この日は確か配車がなかったですよね?

ああ、そうそう思い出した、思い出した、
その日はゴールデンウィークに入るところで、車を会社の車庫に移動させようとした日だったのです。

後ほど警察署から送られてきたという通知を受け取って、内容を確認してみて唖然としました。

取り締まりを受けた場所は千代田区隼町

速度超過をした道路は片側1車線の、無理すればもう1車線取れそうな比較的広めの通り。
そして、なんと制限時速30キロでした。

平日であれば、結構な車や人の往来があって、やや徐行気味に走行するところです。
何度か通っている道ですが、制限速度について一度も意識したことがなかったのです。

5月1日、あの日はゴールデンウイーク中で、しかも緊急事態宣言下、車も人もほぼない道になっていたという記憶はかすかにある。

普段よく利用している道であれば別ですが、ごくたまにしか通らない場所。
そんなところで、時速30キロ道路という認識がないあまり、無意識にアクセルを踏みこんで走行した模様です。

通知には罰金や点数などが記載されていなかったので、すぐさま警察署に確認したところ
電話に出た担当者の開口一番は

「フラッシュに気がつきませんでしたか?」

午前中の明るい場所で、まさかオービスが光るだなど夢にも思わない。もしも気がついたら、こんな悠長に構えてはいなかった、、、

もしや、あの通りにオービスがあるということは・・・と確認の意味で
電話の相手に、速度検知器というのは、移動式のオービスですか?と聞いてみると、間髪入れずに、「そうです」と返事が返ってきました。
そしてダメを押すように
速度超過が26キロ、あなたは56キロで走行していたという記録が残っています。」と告げられました。

点数と罰金はどうなりますか?

減点切符を切られて3点です。罰金は18,000円になります

「何? 18,000円ですか?」・・・思わず口から漏れてしまいました。

自分が意識的に何かアクセルを踏み込んでオービスに引っかかったのなら諦めもつきますが、ひどい、ひどすぎる・・・

思いもしない出費、どうしよう・・・

営業所に報告する

今回のようにオービスによって検知され取り締まりの対象になると、警察署に出頭して、記録された写真の確認をしなければなりません。

あの道路を通った記憶は頭に残っていたし、どっちにしろ逃げ道はないが・・
そんなことより18000円ってなんなんだ・・・・

普通罰金取るならせめて5、6千円だろうに
妻の顔が目に浮かんで、一層気持ちが重くなりました。

営業所にも連絡を入れて事情を話すと、
事故やクレームと違う、白ナンバーでやらかした自己責任の問題だし、移動式のオービスだからか、お気の毒だと、逆に慰労されてしまいました。

しかもつい最近同じ場所でこのオービスの罠にかかった乗務員がいたと話してくれました。

なんなんだ、情報を共有してくれれば、気をつけてたのに

警察署出頭

改めてその書類に記載された日時に出頭すると、署内の交通課に案内されました。そして、数分案内係の説明を受けた後に、こちらにどうぞと通された小さな部屋は、まるで刑事ドラマに出てくる取調べ室みたいな場所。

そこにいた担当らしき婦人警官が、ことの経緯を供述書として記録するからと、質問してきました。

当日の経緯を説明しろと言われても、問題の道を走った記憶はあっても、26キロオーバーするほど速度を出した記憶がないから、その時の状況そのままを伝えました。

だいたい、排気量の大きい車はちょっとアクセルを踏み込んだだけで60キロはすぐに出る。しかもスピード感がないので、30キロ制限の道はしっかり意識しないと速度超過してしまうものです。

ちなみに、担当警官があの道路について以下のような話していました。

あの通りは国道246号と青山通りに抜ける、いわゆる裏道的な場所となっていて、特に最近はコロナ禍による緊急事態宣言が発動されてからは、一段と交通量が減ったことにより、速度を上げて走行する車が増えていることから、警察として看過できないと、2年前から移動式オービスの設置を始めているとの事でした。

普通、高速道路にあるような固定式的では、速度超過取り締まりを告げる看板がそれとなく立っているものです。これはドライバーに、まるで獲物を捕る罠のように、わからないように設置していると思わせないような警察の配慮を感じます。

ところが、移動式オービスは、それに対する警告やお知らせはないというのです。正確な設置場所は知らせないまでも、いちおう警視庁のホームページに設置エリアの内容を提示していると説明してましたが、これこそ本物のネズミ捕り。罠です。罠・・・

麹町警察署管内 重点取締場所警視庁ホームページより

速度違反で捕まったのは初めて

過去、信号無視や進入禁止、右折禁止の場所に車を突っ込み、その場にいた警官によって違反切符を切られた経験はありましたが、今回のような速度超過違反の取り締まりは初めての経験。しかも、意識ないところでやられたことに非常に衝撃を受けてしまいました。

経験者だったらわかるでしょうが、見せられた写真は白黒でしたが、車のナンバープレートの文字も顔も実に鮮明に映し出されていたので、文句のつけようがない。

あなた本人間違いありませんか?と聞かれるまでもなく、本人、私だった・・・

警察は、証拠写真を本人が実際に見て認定することで違反が成立するわけですね。
そして、「ここにサインをしてください」と、準備された書類にサインそして捺印をする順番になっていたわけです。

これで反則切符3点、違反金18000円が確定

約40分位で全ての取り調べと手続きを終えて警察署を後にしました。


プロドライバーの皆さんが私のような今回の失態を犯すというのはそうないと思います。

ただ、時速30キロあるいは40キロの速度制限がある道路では、歩行者や近隣の飛び出し等の注意を払うのは言うまでもありませんが、特に見通しが良く、加えて車の量がない時に、無意識にアクセルを踏み込まないようにお気をつけてください。

特に今、秋の全国交通安全運動中です【令和3年9月21日(火曜)から同月30日(木曜)までの10日間】東京では世界一の交通安全都市TOKYOを目指して交通課は気合いをいれていることでしょう。

えっ? 罰金はどうなったかですか?

へそくりで払えればよかったのですが、額が額だけに今回ばかりは妻に正直に事情を話しました。そして頭を深々と下げて反則金の払い込み用紙を手渡しましたよ。

人の不幸は蜜の味、笑ってやってください。


にほんブログ村 その他日記ブログ 運転手・ドライバー日記へ
にほんブログ村


ドライバーランキング


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。