テレビ局の仕事

投稿者: |

車庫番をやっていると時折テレビ局の仕事に回されます。
車も持ち込みの場合と、派遣の場合で大きく分けられますが、セダンを使用し、局の役員や番組出演者を乗せるだけでなく、ワゴンタイプの車に乗り、ロケのスタッフとしてドライバーの仕事を任される時もあって、様々です。
テレビで華々しく活躍する人はいつも注目を集めてますが、その影で多くのスタッフたちが支えていることを肌に感じる場面に出くわします。
意外に女性がスタッフで活躍しているのには驚きました。
男性にない細やかな配慮があるため、制作現場での対応や出演者のエスコートなどに特性が生かされていることを感じます。
今日は、このような裏方さんたちを陽の目にあててあげたいなあと、あれこれ考えながらハンドルを握りました。
おはようございます!
乗り込んでくる局の人たちはみな挨拶がしっかりできていて気持ちが良いですね。
結構体育会系なんですよ。
そして、このスタッフとのコミュニケーションが運転手には重要です。
目的地の確認、臨機応変な対応など、当たり前の事ができないと、番組に穴をあけることになりかねません。
いつもは背広にネクタイ姿ですが、
普段着に着替えて仕事ができる分、気持ちは楽です。でも責任は同じように大きいのです。
だからハイヤー会社を局が使うんですね。
納得!!
image-20131019203253.png