プロドライバーならナビ設定はノースアップです

「ノースアップ」

カーナビをいじったことがある人ならすぐにピンとくる言葉です。
画面設定で、ノースアップにすると、地図はいつも上が北になり、
道路地図と連動するので、頭の中に地図を描きやすくなるという利点があります。
car navi.PNG

研修開始時から「ノースアップ」設定

私はハイヤーの研修時にこのノースアップの指導を受けたので当り前のように設定をしていますが、
その日使用する営業車に乗り込み始業前点検をする時、この設定になっていない車に時々でくわします。
どうも、最初にカーナビを使用するときにどのような設定にしていたのか、これが後々まで尾を引くようなのです。

若いうちならば途中から設定を変更しても対応できるのですが、
年齢を重ねると、頭も柔軟性を無くし、最初に設定した画面から入ってくる情報で脳が判断することに慣れてしまうと
それを変更することが難しくなるようなのです。

ノースアップ設定で一番混乱するのは右左折時に画面が二つに分かれ、
右が進行方向、左にノースアップの画面が並ぶ時。

もちろん、これは設定で2画面にならないように変更できますが
例えば、路地などに入り、五差路などに差し掛かった場合は事前に地図で確認していないと混乱します。

私は初めて行くところで、ナビ画面を間違って認識し、迂回する羽目になることが時折ありました。

ノースアツブ推奨の理由

ノースアップ設定を推奨する重要な理由が私にはあります。
それは、後部座席からナビ画面が見えた場合、明らかにナビが設定されていると一目で認識されずらい点なのです。

「おっ、こいつ道を良く知らないな」と客様から思われたくないじゃないですか。

ちなみに、ノースアップ設定はトヨタの純正であれば方位磁石をタッチするだけでOK。
日産車も最近の純正ナビは同じように画面の方位磁石タッチで設定可能なのですが、
古い機種になると設定画面を開かなければならないものもあります。

大都市圏は広範囲に道が複雑に網羅されていますし、高速道路などの出入り口などは地図を見ただけではその方向と位置の正確な把握がなかなかできませんから、どうしてもナビに頼らざるを得ません。

また、急な目的地変更などで知らないところに向かう場合は、もうナビなしでは対応できません。
最近はかなり情報が充実し、さらにネット接続で最新情報搭載の地図に簡単に更新できるナビも登場しましたから、基本的に目的地まで間違わずにお客様を案内することが可能になりました。

しかし、ナビ画面をチラチラ見ながら運転していては、後部座席に座るお客様に不安感を抱かせ、また安全面においても問題になります。

プロのドライバーとしてノースアップ設定で頭の中に地図情報をどんどんインプットし、自信あふれる「おもてなし」をしていきたいものです。

設定を変えるなら今です

もし今でもノースアップの設定していないとおっしゃる方、この記事をご覧になった今この時から、ノールアップに設定を変えてみてください。


プロドライバーならナビ設定はノースアップです」への1件のフィードバック

  1. アバターこういち

    私はいつもノースアツブ設定にしてこなかったし、実は、そういう設定ができることをしりませんでした。
    明日から設定を変えて運転してみます。
    勉強になりました。

コメントは停止中です。