ハイヤーの車内でタバコを吸えるのか

最近タバコを吸う人たちが肩身の狭い思いをしています。
国を挙げて、あるいは自治体、企業などが禁煙キャンペーンを打ち、
喫煙所を特別に設置しているところも多く見受けます。
ですから、喫煙者はだんだんと自由に喫煙できる空間が狭められて来ています。

タクシーでさえも、禁煙車が増えており、
タバコを吸わない人にとっては、実にクリーンな環境が増えていくので
喜ばしい限りであると、両手を挙げて喜んでいますが…
喫煙組は、内心、それなりの金払ってんだから車内で吸ったっていいじゃん
と叫んでいるかもしれませんね。

ただ、タクシーやバスは公共交通機関なので
その公共性という観点から、禁煙を実施せざるを得ないでしょう。

さて、
ハイヤーはどうでしょうか?

ハイヤーは高級個別輸送機関という位置付けです。
ですから
使用される車内空間を自由に使用することができます。

料金もタクシーの倍以上になりますから
それこそ、

 高い金払ってんだから、当然じゃないの?

こうなるわけで、喫煙は全く問題ありません。

お客様の中には会社で吸えないものだから、
車を喫煙所のようにされている方もいらっしゃいます。

どうぞご利用される方は心ゆくまでタバコをたしなんで下さい。
と、申し上げましたが、
実は乗務員の本音は
喫煙はやってほしくないのです。

お客様が降車されたあと営業所に戻ると
「吸われちゃったよ!」
とにかく匂いがこびりついてどうしようもない
ファブリーズは必需品です。
窓を全開にして数キロ走ってくる場合もあります。

ヘビースモーカーのお客様からのご指名がある場合は
デスクが喫煙車をあてがってくれる場合もありますが
いつもそうとは限りません。
特にお得意様に喫煙する人が多いのです。

最近新しく入った車には灰皿がついていない車が登場しました。
禁煙車であることを無言で発信しているわけですが
それでも吸われるお客様がおられるので
乗務員は携帯の吸い殻、そしてライターまでも準備します。

ちなみに私はタバコを吸いません
何度お客様に泣かされたか

タバコなんてなくなってしまえ!
世の中、禁煙大賛成です!


カテゴリー:  ■本音
東京ハイヤーマン

東京ハイヤーマン について

東京出身。大学を出た後、教育関係の仕事に就く。その後いくつかの業種(新聞社、病院検査会社、不動産、リフォーム建築)を経験。2008年、ハイヤー会社に転職し現在に至る。 既婚 妻子有

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。