ハイヤー運転手のボーナスはいくらぐらいもらえますか

ハイヤードライバーの報酬の中で、気になるボーナスについて見てみます。

ボーナスというのは会社の業績、とくに利益に対する再分配として、給与とは別に支給されるものです。

と、建前はそうなっていますが、日本の企業は通常夏と冬の年2回支給し、その年の業績とは連動せずに「恒例」のように支給されていることはここで改っていう必要はないでしょう。

最近はそんな日本独特の慣例的なボーナス支給から、冒頭述べた本来の意味でのボーナスの支給をしている会社も増えてきているといいます。

では、ハイヤー会社はどうでしょうか。私が耳にしてきた現状では、どこの会社もほぼ例外なく昔ながらの固定支給をしているというもの。

ボーナス 査定内容

会社の規模、売上によって支給額に差異がありますが、おおむね一回の支給額はマックス30万円というところでしょうか。

本人の勤務態度、事故、違反、ミス、クレームなどの減額対象項目がチェックされ、精算した額が支給されることになります。年額で60万いけば御の字です。

私は年40万ほど。支給されるだけありがたくいただいておりますが、2月及び8月の月収入の落ち込みが甚だしいために、支給されたボーナスが生活費に埋め合わされることがほとんどです。特に子供の教育費にあてられていくことになりますな。

通常の給与が固定給+実績給になっているため、仕事が多くなるとその分が上乗せされることから、ハイヤー会社のボーナスの支給額は少ないのですが・・・。

臨時ボーナス・・チップ

かつては気前良いお客様が多く、チップをもらう機会が結構ありました。

ところが最近は運転手の質の向上なのでしょうか、チップを渡すことはその人に失礼にあたると「忖度」されているように思えてなりません。本当にもらう機会が激減してしまいました。

こちらも別に期待はしていないのですが、そういう見えない副収入の入りがなくなった分、隙間時間を利用した副収入の手立てを模索する人も徐々に増えているようです。

結局、ボーナスの話となると、あまり希望的なことは言えません。


カテゴリー:  ■暴露
東京ハイヤーマン

東京ハイヤーマン について

東京出身。大学を出た後、教育関係の仕事に就く。その後いくつかの業種(新聞社、病院検査会社、不動産、リフォーム建築)を経験。2008年、ハイヤー会社に転職し現在に至る。 既婚 妻子有

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。