住む世界の違う人を乗せて走る仕事

「本日はありがとうございました。」
銀座並木通りにて数人の和服を着た物腰柔らかい女性に見送られ
お客様は車に乗り込んでこられました。

一方通行の道の両側に所狭しと車が数珠繋ぎに並んで駐車している中を縫うようにして車を走らせると
後ろからふーと大きく息を吐く声と同時に、
アルコールの匂いが運転席にいる私の鼻をついてきました。

「社長になる前はよく遊んだんだけどね
近頃は二次会に行かなくなったんだ・・・」
ぼそっと独り言のように言われました。

こんなときにどう相槌を打つたら良いか戸惑いつつ
そうなんですね・・と受けてみたのですが、
それ以上の会話は続きませんでした。

「●●ホテルに参ります。」

行き先を一応確認してみても、お客様からの返事は無し。
しばし無言のままの状態が続き
車内の静寂を破ったのは、お客様が電子タバコに点火する「カチッ」という音。
私はほぼ条件反射的に左手をそっとのばして
エアコンの内気循環を外気導入に切り替えました。

aircon.jpg

今日はやけに孤独感が伝わってくるな

企業のトップともなると腹を割って本音で付き合える人は社内にはきっといないだろうな。
何でも話せる親友みたいな人っているのだろうか・・・
受けるストレスは尋常じゃないだろうし・・
ご家族は? 夫人はどんな人だろう・・・
外堀通りを走りながら、いつしか頭の中はぐるぐると勝手な思いが渦まいていました。

社長の椅子は一つ

会社の社長になるとは、その会社にあるたった一つしかない椅子に座るということ。
会社のかじ取りをする責任は重いでしょうが、
地位を得ることで金は入る
名誉もついてくるし、
個人としてみれば、基本的にすべてのものを手にした理想的立場にあるように見えるのだが・・

ご本人の満足度はいかがなものか
そして今後何をしていきたいと考えているのだろうか
仕事でなければ聞いてみたいことが山ほどあります。
でも、知ってどうするの?と尋ねられたらなんと返答したらいいかな・・・
興味本位で・・・いくらなんでもこれでは失礼になるのはわかっているので・・・

boy-chair.jpg

「まもなく到着します」

いつもの文言が口をつき、そのままホテルの車寄せに滑り込むと、ベルボーイが車に近づいてきたのを見てドアサービスを任せました。

車のリアドアが開けられ
「おかえりなさいませ」と挨拶されたお客様は
「これお願い・・」と、カバンをボーイに渡します。
こんなやり取りをみれば、このホテルの常連であることがすぐわかります。

ボーイは得意げな笑みを浮かべカバンを受け取るとお客様の歩調に合わせながら後を追うようにしてホテルのフロントに吸い込まれていきました。

その間に私はがらんとした後部座先に忘れ物がないかをすばやく確認し
空車になった車を大通りに出したところで時計に目をやりました。
9時半を回っていました。

銀座で3時間ほど待機したことになります。
ここでようやく自分の現実にもどされました。

同じ人間だけど住む世界が違う

乗車してくださるお客様たちは、我々と住む世界が全く違います。
でも、この仕事には、時折普通に生活していたら知りえない世界を垣間見ることができる醍醐味があります。
社会的地位のある人と車の中という狭い空間で同じ空気を吸いながら、その人の要請にこたえて感謝された時は
仕事に対するやりがいを強く感じます。

長時間拘束されることを除けば、
一人で車を操作するために面倒な人間関係がなく、体力も消耗しないので、経験を積めば積むほどストレスがなくなっていきます。
事故を心配する人がいますが、経験が自信を生みますし、過信にならずに常にセオリー通りの運転を心掛けさえすれば防衛運転の技術も習得して事故率を低く抑えることができるようになります。

ですから、特に報酬面で折り合いがついている人は、継続して勤務する確率が高くなる仕事です。
そして、どこどこ会社の会長を乗せた
あの有名な政治家の誰々を乗せた・・・などといった話が口をついて出るようになったら
いよいよこの業界にどっぷりとつかって離れなくなっている証拠。

―あれ? このまま定年まで勤めあげるつもり?

もう一人の私が横やりをいれてきました。

うーん・・まだ自分には野心があるんだけどなあ…

―社長にでもなろうっていうの?

 

皆さまからの暖かな応援クリック
・・・↓↓↓↓・・・
にほんブログ村 その他日記ブログ 運転手・ドライバー日記へ
にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。