八芳園 ――トイレがこんなところに!

東京の一等地 白金
この場所に1万2000坪ある敷地を要する八芳園があります。
タクシーやハイヤーの運転手で
「八芳園」を知らない人はいないでしょう。
八芳園 5.jpg
正門から車を乗り入れると、まず料亭 壺中庵があり、
右手奥の方へ車を回すと
本館の車寄せが見えてきます。
八芳園 4.jpg
「四方八方どこを見ても美しい」
という意味で名づけられた八芳園
正門をくぐった時から包み込まれる日本庭園の
何とも言えない荘厳な雰囲気は
神社やお寺とはまた一味違った、
豪華でありながらも日本的繊細さを感じさせ
名前の由来にうなづけるものがあります。

会議や会食での利用よりも、
結婚式場として名が知れているところ
こんなロケーションで一生に一度の大イベントを演出できたらと
結婚を考える人ならば
訪れた途端 心を鷲掴みされてしまいそうです。

ちなみに
口コミサイトでこの八芳園を利用する場合の費用をみると
平均300万円でした。
それでも人気があるため、なかなか思いような日を確保できず
みなさん1年以上前から予約しているそうです。

さて、
やってる仕事が違うと
こうも見る視点が変わるのかと、思うほど
ハイヤー乗務員たちの見る目は違います。
ロケーションや館内の装飾は一切関心なし。

車がつけやすく、客様の動線を確保できるのか
待機場所の位置、状態はどうか
あれこれ理屈を言う前に
車を場内に入れた途端
一瞬にして感じ取っていきます。

八芳園の場合、その敷地の広さから
車寄せ、駐車スペースは申し分ありませんが、
お客様に車の連絡先を伝えられない場合、
車寄せすぐ前に位置する駐車スペースを確保できないと
奥の駐車場に案内されてしまうので、
お客様の姿を確認できません。

出てこられる時間が大体読めれば
一旦奥に車を回し、
ころ合いの時間に車寄せ前の駐車スぺ―スに移動して
迎えの準備をしたいものです。

緑にあふれ
秋ならば紅葉も楽しめる
待機場所としては実に良いところです。

澄み渡った秋空の下で
適度な日光が車内に差し込むと
つい眠気を誘われてしまいます。

仕事がなかったら
昼寝をする格好の場所になりそうです。
ですから運転手さん。
携帯アラームのセットはお忘れなく!

まさかトイレがこんなところに!

さて、良い待機場所としての必須条件であるトイレはどうでしょうか。
出口側近くの駐車場をぐるっと見渡してみて
「お手洗い」の表示が目に入ってきません。

確かに、このロケーションでは
「お手洗い」の建物を目立つ場所につくるわけにはいきません。
しかし正門に誘導員一人が常駐し、
車寄せや駐車場にも人を配置させ、
さらには駐車スペースも十分にありますから、
運転手のことも考えると当然トイレが近くになければ不便です。

さて、そのトイレが意外なところにありました

それは
なんと、立派な正門の裏側です!

写真 二つ見える扉がトイレ
八芳園 1.JPG

八芳園の名にかけて
四方八方どこを見ても美しくするためには
トイレの存在をどうにかしたいというオーナーの意図が感じられます。

人に聞かなければすぐには見つけられない場所ですよね。
初めて八芳園に行かれたら
このいきなトイレを是非使用してみてください。

ちなみに
トイレ横には乗務員控室もありますよ。
運転手にもやさしい八芳園でした。

八芳園

〒108-8631 東京都港区白金台1-1-1

 【車寄せ】評価
車の付けやすさ    ★★★★★
高速道路へのアクセス ★★☆☆☆
待機のしやすさ    ★★★★★
サービス       ★★★☆☆
コンビニまでの距離  ★☆☆☆☆


カテゴリー:  ■車寄せ
東京ハイヤーマン

東京ハイヤーマン について

東京出身。大学を出た後、教育関係の仕事に就く。その後いくつかの業種(新聞社、病院検査会社、不動産、リフォーム建築)を経験。2008年、ハイヤー会社に転職し現在に至る。 既婚 妻子有

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。