車好きのお客様

車関係の仕事をしてる人は車が好きなのだろうか?

ハイヤー・タクシー業界に足を踏み入れる人は
私もしかり、様々な事情から、
しかたなく入ってくる人がほとんどといってよいと思います。
すなわち、最初からタクシー運転手になりたい、
ハイヤーの運転手になりたいという人は
稀れであるということです。

乗り物を運転する仕事の中では、飛行機、電車、バスなどは、
子供のころから夢見ていたという人が多いようですね。

パイロットに至っては、若い時に目指さないと、
学ぶことがあまりに多いためについていくことができません。

ですから
「なりたい」という強いモチベーションが必要になります。

それでは、ドライバーという仕事を選んだのは、
車が好きだからなのかというと、
これが意外と少ないのです。

機械には強い、という人は結構いましたが・・・。

車好きのお客様

時折お客様の中で、車好きな方がおられて
話を合わせるに四苦八苦することがあります。
仕事を始めたころでした。

「運転手さん、いい車だね、室内も広いし、静かだしさ
これ排気量はどれくらいになるの?」

お客様は興味深々で聞いてくるのでした。
こちらはとにかく目的地まで安全運行しようと
経路などを一生懸命調べるあまり
乗っている車のことまで気が回っていませんでした。

お客様の質問に、一瞬ドキッとし、
胸の鼓動が高鳴ってくるのがわかります。

きた~ どうしようか・・・

瞬間的に出てきた言葉は
「たしか3000CCだと思います。」

「へえ、そんなんだ。新しいモデルなんですか?」

車についてはこれ以上話しかけないでくれ・・
悲鳴をあげたくなりました

もうここまでくると
いい加減な言葉がさらに続きます。
「いいえ、このタイプは二世代ほど前のタイプだと記憶しております。」

きえ~ 適当なこと言ってら・・

そうこうしているうちに、目的地に近づいてきました。

「お客様、間もなくご到着です。おつけする場所ですが・・・」

会話が何とか途切れてくれたので助かりました。
お客様が降車されるや、
すぐにダッシュボードにある車検証を引っ張り出して確認しました。
なんだ、これ2500CCなんだ

感心している場合じゃないでしょっ!

もう一人の自分が横でつぶやかれます。

私はこの日を境に、初めて乗車する車に関しては
必ず車検証を確認することにしました。


カテゴリー:  ■暴露
東京ハイヤーマン

東京ハイヤーマン について

東京出身。大学を出た後、教育関係の仕事に就く。その後いくつかの業種(新聞社、病院検査会社、不動産、リフォーム建築)を経験。2008年、ハイヤー会社に転職し現在に至る。 既婚 妻子有

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。