世界貿易センターは2021年 とうとう姿を消す

久しぶりに浜松町にある世界貿易センターに行きました。

エスカレーターで2階に上がると、文教堂という大きな本屋があって、そこに立ち寄ろうと思ったからなんです。

ところが、平日なのにシャッターが閉まっていたので

あれ? もしかして・・・

脳裏を横切ったのはこのビルの建て替えの話

1970年に竣工された貿易センタービルも今年で50年経ちます。老朽化が進み、耐震性の問題からも建て替えの頃に差し掛かっているのではないかと思って調べてみると、案の定2021年に取り壊しに着手されることが判明しました。

確かに二階フロア周辺を見渡してみると、あちこちの店舗に閉店の看板が出ていて、活気の失せたなんとも言えない哀愁が漂っていました。

50年前の東京名物

1960年代以前の生まれ、すなわち年齢でいえば50歳以上の方々なら、東京に来たときにまず目に飛び込んでくる高層建築物が、東京タワー、霞ヶ関ビル、そしてもう一つがこの世界貿易センタービルではなかったでしょうか。

私は幼い頃、父親の運転するカローラに乗り込み、出来て間もない首都高速を走りながら車窓からこの東京名物を眺めて小さな胸をワクワクさせていたのです。

その後の東京は、新宿副都心のビル群、大手町の高層ビル群、そして六本木や虎ノ門の、いわゆる森ビルの建物、さらにスカイツリーと、次々と高層建造物が建てられ、かつての東京名物のお株はすっかりこれらの有名建物に奪われてしまいましたね。

そして50年経過した現在の東京では、東京五輪の準備とも重なってあちらこちらで再開発ラッシュとなりました。オフィスビルだけでなく、住居環境も整ったタワーマンションを駅周辺に建設して町おこしに貢献し注目を集めているところも多いのです。そして近隣の県から富裕層を呼び戻し、ますます東京一極集中を助長しています。

アメリカ ニューヨークのWTC(ツインタワー) 設計者は日系人

ところで、世界貿易センターといえば、アメリカ ニューヨーク市マンハッタンにある、2001年9月11日同時多発テロによって崩壊したワールドトレードセンター(WTC)を思い出す方もおられるでしょう。

このニューヨークのWTCは、1939年ニューヨーク万国博覧会の中で「貿易を通じての世界平和」をテーマに名付けられたパビリオンが源流になっているそうです。そして第二次大戦後の1946年、経済的に停滞していたマンハッタン地区再興のために世界的な貿易センターを建設する提案がニューヨーク州議会によって承認され、プロジェクトは動き始めました。

そしてツインタワーの一つ、ナンバー1が1972年、ナンバー2が1973年にそれぞれ地上110階 当時としては世界一高いビルとして竣工しました。設計者はMinoru Yamasaki 日系アメリカ人です。また他にも、3WTCから7 WTCまで、合計7つのビルによって構成され、メインとなる2棟のツインビルはニューヨーク市やマンハッタンのシンボルとなっていました。

現在のニューヨーク、ワールドトレードセンターの様子

世界に衝撃を与えた同時多発テロによって崩壊した後も、すぐに再建計画が立ち上がり、現在2014年にナンバー1のワールドトレードセンターはすでに竣工し開業しています。また、ナンバー2のセンタービルも2024年に竣工予定で建築が進んでいるとのこと

テロの攻撃を受けて崩壊したかつての所在地は、「グラウンド・ゼロ」又は「ワールドトレードセンター・サイト(跡地)」という呼び名が定着しています。

  

二つの巨大なビルをテロの攻撃で喪失した衝撃は大きく、忌まわしい歴史の大事件として記憶に残されました。しかし、すぐさま再建に着手し竣工にまでこぎつける、このアメリカ、そしてニューヨークの人たちのテロに絶対に屈しない気概を、この荘厳なたたずまいから感じずにはおれません。

現在の浜松町周辺も再開発ラッシュ

さて、浜松町駅北口を降りて貿易センタービルを見上げてみればおわかりですが、すぐ隣には、ほぼ同じ高さのニッセイ浜松町クレアタワーが2018年に竣工しており、周囲にも高層ビルがいくつかあるために、今や貿易センタービルの存在感はさらに薄れつつあります。

 

2021年より世界貿易センタービルの取り壊しがはじまり、その跡地に新しいビルが建設される予定で、計画では2025年12月に地上37階地下3階の竣工予定となります。

2025年といえば大阪万博開催の年ですね。高層ビルでも新築であれば通常三年もあれば建ってしまいますし、建て替えなら解体する期間も含めて4年から5年で建ちます。

貿易センターの建て替え完成後の東京は、きっとコロナは終息し、再び海外からの渡航客でかつての賑わいを取り戻しているに違いないと希望的観測を持ってみています。

そして、一つの時代の象徴建造物のリニューアルが次世代の幕をあける役割を担うことになるのでしょう。

 

【世界貿易センタービル】

地上40階 地下3階 高さ152メートル

東京商工会議所を母体として立された株式会社世界貿易センタービルディングによって建設
設計  日建設計/武藤構造力学研究所
施工: 鹿島建設

1970年3月竣工
当時霞が関ビルより5m上回る高さ
1971年 西新宿 京王プラザホテル47階 169m
の竣工まで日本一高いビルだった。

◆皆さまからの暖かな応援クリック◆
・・・↓↓↓↓・・・
にほんブログ村 その他日記ブログ 運転手・ドライバー日記へ


カテゴリー:  ■建物
東京ハイヤーマン

東京ハイヤーマン について

東京出身。大学を出た後、教育関係の仕事に就く。その後いくつかの業種(新聞社、病院検査会社、不動産、リフォーム建築)を経験。2008年、ハイヤー会社に転職し現在に至る。 既婚 妻子有

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。