東京五輪準備 首都高速大規模改修計画 正式発表

投稿者: |

2014年から首都高速補修いよいよ開始
ついに発表されてしまった首都高の補修計画。
老朽化が進み、五輪招致がなくても、
すぐに着手しなければならなかったこの計画に
とうとうGOサインが出されましたね。
都内、車を使って仕事をする人たちには頭の痛いニュースです。
普段でさえ、首都高速は「高速」と名がついているものの
実際は渋滞による低速道路となっているところに、
輪をかけて改修による交通規制が入れば
時間帯によっては、全く動かなくなってしまうのではないか
という心配が頭をよぎるわけです。
特にハイヤーの場合、高速道路を多用しますので、
問題はさらに深刻で
これから渋滞回避のための様々な知恵を振り絞りながら、
いかに的確な情報をより早い形で入手して対応できるのか、
個々の乗務員の力量が問われるようになるでしょう。
気になる大規模改修(造り替え)を行う場所
土台から造り替える大改修を行うことになったのは、
以下の5区間です。
●1号羽田線 ・東品川桟橋―鮫洲埋立部、
       ・大師橋
●3号渋谷線 ・池尻―三軒茶屋、
●都心環状線 ・竹橋―江戸橋
       ・銀座―新富町

highway map.jpg
見てわかりますように、
どれも交通量の多い主要区間だからこそ
道路の老朽化も進むというのは理解できます。
工事中は、できるだけ通行止めにせず、仮の橋をかけたり、
片側2車線のうちの1車線ずつを止めて対面通行にしたりする予定と言います。
今回の工事区間を見ると、
特に今でも通常慢性的に混雑する竹橋-江戸橋間は
避けて通る方が良くなることは必至ですね。
下道といっても限られてきますから、
交通情報を見据えた経路選択をしないと、
とんでもない失敗をやらかしかねません。
さらに補修が必要な区間が延べ55㎞もあるといいますから、
だいたい工事が深夜遅く、交通量の比較的少ない時間帯に行うとはいえ、
7年後の2020年東京の五輪開催まで、
都内整備による交通戦争が様々な形で繰り広げられそうです。
ちなみに工事費用ですが、
総額6300億円にものぼると見込んでおり、
その財源は、通行料有料期間を最大15年間延長することでまかない、
税金などは投入しない予定だそうです。
首都高速無償化はまだまだ先になりそうですね。